誰でもいくつからでも楽しく太極拳

歩行練習

歩行練習

太極拳をはじめたころは よく基本練習をしていました。

足を前に出したときに体重をかけないこと

↑ これがとても大事です。

「体重かけていません」・・・ってもう乗ってる方が多いです。

そして野馬分鬃のとき
つま先を45度に開いて開いた足に乗っていきながら
体重がそちらに移動して体の面(肩の線)が
足先と直角になる。
そしてまた反対の足を体重をかけずに進行方向にまっすぐにだす。
このとき体を正面に戻してしまわないように注意が必要です。
(動作を文章にするのはとても難しいです)

体の向きがどちらに向いているかはっきりわかるように
両手を肩の高さに前方にだしてやってみるのもいいです。
(前にならえの形です)

ずっと太極拳をやっている人も復習の意味でやってみると
案外あいまいな動きになっていることが多いかもしれません。

たまには基本にもどってみるのもいいものです。

コメント


認証コード5558

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional